すき焼きの具材並べのポイント

すき焼きの具材並べのポイント

神戸牛や三田牛などを使ったすき焼きは、お肉のほかに様々な具材を入れます。すき焼きをより美味しく食べるには、具材を入れるタイミングや並べ方もポイントです。こちらでは、神戸牛や三田牛などの高級牛をより美味しく仕上げるすき焼きの具材を入れるタイミングや具材並べのポイントをご紹介いたします。

具材を入れるタイミング

まずは具材を入れるタイミング・順番を意識してみましょう。細かい決まりはありませんが、お肉を入れるタイミングを意識することですき焼きをより美味しく食べることができます。お肉は入れるベストタイミングは、最初と最後です。最初に牛脂をひいてお肉を入れることですき焼きのだしの役割になりますが、最初にお肉を全部入れてしまうと具材が煮える頃にはお肉が固くなる可能性があります。そのため、最初に入れたお肉以外は、最後に入れるとより美味しくすき焼きを楽しむことができます。

またお肉以外の具材を入れるタイミングにも気をつけることが大切です。特に、水分が出る野菜は早めに入れるようにしましょう。白菜などの水分を出す野菜を早めに入れることで、他の具材を煮るのに役立ちます。また、焼き豆腐やしらたきはじっくり味を染み込ませるために、白菜などと同じタイミングで入れるのがおすすめです。

すき焼きの具材を並べる時に気をつけたいこと

すき焼きの主役と言えばやはりお肉です。お肉を中心に様々な具材を入れていきますが、その際に気をつけたいポイントがあります。それは、お肉の隣にこんにゃく・しらたきを並べないということです。こんにゃく・しらたきには石灰カルシウムが含まれており、この成分が肉のタンパク質と合わさって熱凝固が早くなりお肉を固くしてしまうのです。しらたきやこんにゃくとお肉の間にはネギやお豆腐などを入れて、相性の悪い食材を隣り合わせに並べないこともすき焼きを美味しく食べるポイントです。高級肉の良さをより引き立て、美味しいすき焼きに仕上げるためにも、具材を入れるタイミングや具材を並べる時のポイントをおさえておきましょう。

神戸市にあるわた半では、神戸牛と素牛が同じ三田牛を使ったすき焼きをお楽しみ頂けます。カウンターでゆっくりとお食事をお楽しみ頂けるほか宴会会場としてもご利用可能です。また、事前にご予約頂くことでお待たせすることなくご案内できます。すき焼きのほかにしゃぶしゃぶ鉄板焼きもご用意しておりますので、高級三田牛をお好きなスタイルでお楽しみ下さい。

店名: 三宮のおいしいすき焼きなら | わた半
住所: 〒651-0001 兵庫県神戸市中央区加納町4-9-17 幸田ビルB1
電話: 078-334-1068
FAX: 078-334-1109
URL: http://www.kobe-watahan.com/
業種: 三田牛・神戸牛のすき焼き専門店
所在地/国: 日本
所在地/県: 兵庫県
所在地/市: 神戸市
所在地/町: 中央区加納町
説明: わた半では兵庫県が生んだ最高品質の牛肉である「三田牛」を使った極上のすき焼きをお楽しみいただけます。
最高のお肉のご提供はもちろん、新鮮な野菜や旬の食材にもこだわったお料理をお出ししておりますのできっとご満足いただけます。
わた半は三宮駅から徒歩5分非常にアクセスの良い場所にあり、コース料理やお酒も各種取り揃えておりますので三宮周辺で宴会をされる際にはぜひわた半をご利用ください。
三田牛の特徴 | すき焼きの栄養 | すき焼きの歴史 | 2日酔いになりにくい上手なお酒の呑み方 | 行っておきたい神戸の観光スポット | 丹波の特産品 | すき焼きが人気な理由 | 関東風、関西風のすき焼きの違い | すき焼きの具材並べのポイント | すき焼きの役立つ豆知識

地図・アクセスへ