2日酔いになりにくい上手なお酒の呑み方

2日酔いになりにくい上手なお酒の呑み方

美味しいお酒は楽しみたいけれど、つらい二日酔いは避けたいものです。そこで、こちらではお酒を気分良く楽しむために、2日酔いになりにくいお酒の呑み方をご紹介します。

お酒を飲む前は

2日酔いを避けるには、飲む前から準備をすることが大切です。飲む前のポイントとしては以下のものがあります。

体調を万全にする

最初の一杯が楽しみで、飲む前の水分摂取を我慢してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、アルコールには利尿作用があるため、お酒を飲むと体から水分が排出されて脱水症状を引き起こしやすくなります。脱水症状は頭痛やだるさなど2日酔いの症状を引き起こす原因です。また、お酒を飲むほどのどが渇くため、さらにお酒を飲んでしまう可能性があります。飲み過ぎや脱水症状を防ぐには、ペットボトル1本分程度の水かお茶を飲むことをおすすめします。ただし、コーヒーや紅茶など利尿作用が強いカフェインは避けましょう。

空腹を避ける

空腹の状態でアルコールを摂取すると、アルコールがすぐに吸収され早く酔ってしまいます。2日酔いを予防するためにも、飲みに行く前に軽くなにか口にしておきましょう。特にヨーグルトやチーズなど消化に時間を要するたんぱく質を含んだ乳製品がおすすめです。

お酒を飲む間は

飲んでいる最中にも、二日酔いを避けるために大切なポイントがあります。飲んでいる間は、以下のポイントを意識してみましょう。

一気に飲まない

適量を少しずつ飲むことが、上手なお酒の飲み方のポイントです。乾杯のジョッキでも一気はせず、ゆっくりと食事をしながらお酒を飲むようにします。一度に大量にお酒を飲んでしまうと、血中のアルコール濃度が上がり二日酔いの原因となります。

お酒1杯ごとにお水も1杯

お酒を1杯飲むごとにお水も1杯飲む方法もおすすめです。利尿作用のあるお酒は飲んでも水分が排出されるためゴクゴク飲めますが、水には利尿作用がなくあまり飲めません。お酒の間に水を1杯挟むことで、脱水を防ぎお酒を飲むペースも調整できます。

神戸牛で有名な兵庫県神戸市にあるわた半では、神戸牛と素牛を同じくする三田牛のすき焼きをご提供しています。神戸牛にもひけをとらない極上の三田牛を、すき焼きやしゃぶしゃぶ鉄板焼きにてご堪能頂けます。駅からアクセスしやすく各種ご宴会にもお使い頂けます。すき焼きを楽しむならぜひご来店・ご予約下さい。

店名: 三宮のおいしいすき焼きなら | わた半
住所: 〒651-0001 兵庫県神戸市中央区加納町4-9-17 幸田ビルB1
電話: 078-334-1068
FAX: 078-334-1109
URL: http://www.kobe-watahan.com/
業種: 三田牛・神戸牛のすき焼き専門店
所在地/国: 日本
所在地/県: 兵庫県
所在地/市: 神戸市
所在地/町: 中央区加納町
説明: わた半では兵庫県が生んだ最高品質の牛肉である「三田牛」を使った極上のすき焼きをお楽しみいただけます。
最高のお肉のご提供はもちろん、新鮮な野菜や旬の食材にもこだわったお料理をお出ししておりますのできっとご満足いただけます。
わた半は三宮駅から徒歩5分非常にアクセスの良い場所にあり、コース料理やお酒も各種取り揃えておりますので三宮周辺で宴会をされる際にはぜひわた半をご利用ください。
三田牛の特徴 | すき焼きの栄養 | すき焼きの歴史 | 2日酔いになりにくい上手なお酒の呑み方 | 行っておきたい神戸の観光スポット | 丹波の特産品 | すき焼きが人気な理由 | 関東風、関西風のすき焼きの違い | すき焼きの具材並べのポイント | すき焼きの役立つ豆知識

地図・アクセスへ