すき焼きの歴史

すき焼きは、肉と甘辛の味が調和した日本の肉料理です。日本料理の代表としても世界中に知られているすき焼きには、どのような歴史があるのでしょうか。

すき焼きの由来

すき焼きの由来

すき焼きの由来は諸説ありますが、江戸時代に農夫達が仕事中にお腹がすくと農具の「鋤(すき)」の金属部分を鉄板の代用にして魚や豆腐を焼いて食べていたことから「鋤焼(すきやき)」となった一説が有名です。

また、薄く切った剥身(すきみ)を調理することから「剥き焼き(すきやき)」と呼ばれるようになった説、杉の箱に野菜や魚介を入れて味噌煮にする「杉やき」が転じてすき焼きになった説もあります。

すき焼きの誕生

すき焼きの誕生

すき焼きが誕生したのは江戸時代末期頃のことです。実は飛鳥時代の頃から明治に入るまで、日本では肉食が公的に禁じられていました。

その背景は、当時牛や馬は非常に重要な労働力であり、肉を食べると良くないことが起こると信じられていたからです。しかし、貧しくお腹をすかせていた民衆の間では、イノシシや鹿などのお肉をこっそりと食していました。このとき、動物の肉を食べていることを誤魔化すために、動物の肉に植物の名前をつけ「薬」だと称して食べていたそうです。

そのような風潮の中で、幕末には京都の三条河原に日本で初めてのすき焼き屋が誕生します。それでも一般的に牛肉を使用したすき焼きはあまり食されていませんでした。しかし、明治時代に入って明治天皇が牛肉を口にしたことをきっかけに民衆も牛肉を食べるようなり、すき焼きが大流行したのです。

三ノ宮駅近くでおいしいすき焼きを提供するお店をお探しでしたら、わた半をぜひご利用下さい。わた半は三ノ宮駅からアクセスが便利な好立地にあり、すき焼きだけでなくしゃぶしゃぶや鉄板焼など様々な三田牛のコースをお楽しみ頂けます。ランチの時間も営業していますのでぜひご来店・ご予約下さい。また、貸切にも対応しておりますので宴会の際にもご利用できます。近くに北野異人館街やメリケンパークなど観光名所もございますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

店名: 三宮のおいしいすき焼きなら | わた半
住所: 〒651-0001 兵庫県神戸市中央区加納町4-9-17 幸田ビルB1
電話: 078-334-1068
FAX: 078-334-1109
URL: http://www.kobe-watahan.com/
業種: 三田牛・神戸牛のすき焼き専門店
所在地/国: 日本
所在地/県: 兵庫県
所在地/市: 神戸市
所在地/町: 中央区加納町
説明: わた半では兵庫県が生んだ最高品質の牛肉である「三田牛」を使った極上のすき焼きをお楽しみいただけます。
最高のお肉のご提供はもちろん、新鮮な野菜や旬の食材にもこだわったお料理をお出ししておりますのできっとご満足いただけます。
わた半は三宮駅から徒歩5分非常にアクセスの良い場所にあり、コース料理やお酒も各種取り揃えておりますので三宮周辺で宴会をされる際にはぜひわた半をご利用ください。
三田牛の特徴 | すき焼きの栄養 | すき焼きの歴史 | 2日酔いになりにくい上手なお酒の呑み方 | 行っておきたい神戸の観光スポット | 丹波の特産品 | すき焼きが人気な理由 | 関東風、関西風のすき焼きの違い | すき焼きの具材並べのポイント | すき焼きの役立つ豆知識

地図・アクセスへ