三田牛の特徴

兵庫県三田の自然によって育まれ、会席料理などで楽しまれる三田牛。三田牛の希少価値は高く、その肉質の良さと上質な味わいによって古くから肉牛として世間に知られていました。こちらでは、三田牛の特徴についてご紹介します。

三田牛の定義

三田牛の定義

三田牛は但馬牛を素牛(もとうし)として、兵庫県三田市にて育てられた牛のことです。素牛となる但馬牛の資質の評判は非常に高く、三田牛の他にも様々な地方で育てられるブランド牛の素牛となっています。

三田牛の定義は、1986年、三田牛の流通を目的に設立された三田肉流通振興協議会が基準を設けています。
三田牛と名乗るには、三田肉流通振興協議会が定めた「但馬牛を素牛としていること」「兵庫県三田地域にて三田市内の指定生産者によって長期間飼育されていること」などの厳しい基準をクリアしなければなりません。

三田牛が飼育される土地

三田牛が飼育されている兵庫県三田市は、豊かな自然環境が残る田園都市です。寒暖差が激しく、肥沃な農地や澄んだ空気、ミネラル豊富な水は、農作物に加え三田牛の育成に適しています。

三田市での生産の規模は一部では大きくなってきたものの、それでも数百頭にしか満たない規模であり三田牛は貴重とされているのです。

三田牛の特徴とは

三田牛の特徴とは

三田牛は肉質・脂質ともに上質と言われています。脂肪が筋肉の中に細かく入って鮮紅色の筋繊維と入り混じっており、クッキリと鮮やかな霜降りとなっていて柔らかいのが特徴です。

調理すれば、その霜降りが溶けることで周りの筋肉が解きほぐされ、繊細で独特なコクとまろやかさを堪能できます。

三宮駅近くですき焼きなどおいしい三田牛が楽しめるお店をお探しでしたら、わた半にぜひお立ち寄り下さい。
わた半は三宮駅から徒歩5分とアクセスしやすい場所にあり、三田牛をすき焼き・しゃぶしゃぶ・鉄板焼でお召し上がり頂けます。三田牛のコースもご用意しており、三田牛のすき焼きの他にも、丹波の食材を中心に松茸など旬な食材を使用した料理もご提供しています。お酒も各種ご用意していますので、三宮駅周辺での宴会の際にもぜひご利用下さい。

店名: 三宮のおいしいすき焼きなら | わた半
住所: 〒651-0001 兵庫県神戸市中央区加納町4-9-17 幸田ビルB1
電話: 078-334-1068
FAX: 078-334-1109
URL: http://www.kobe-watahan.com/
業種: 三田牛・神戸牛のすき焼き専門店
所在地/国: 日本
所在地/県: 兵庫県
所在地/市: 神戸市
所在地/町: 中央区加納町
説明: わた半では兵庫県が生んだ最高品質の牛肉である「三田牛」を使った極上のすき焼きをお楽しみいただけます。
最高のお肉のご提供はもちろん、新鮮な野菜や旬の食材にもこだわったお料理をお出ししておりますのできっとご満足いただけます。
わた半は三宮駅から徒歩5分非常にアクセスの良い場所にあり、コース料理やお酒も各種取り揃えておりますので三宮周辺で宴会をされる際にはぜひわた半をご利用ください。
三田牛の特徴 | すき焼きの栄養 | すき焼きの歴史 | 2日酔いになりにくい上手なお酒の呑み方 | 行っておきたい神戸の観光スポット | 丹波の特産品 | すき焼きが人気な理由 | 関東風、関西風のすき焼きの違い | すき焼きの具材並べのポイント | すき焼きの役立つ豆知識

地図・アクセスへ